新型コロナウイルスの感染拡大で東京や大阪など4都府県に緊急事態宣言が出され、佐賀県内では県境をまたぐ移動の自粛が呼び掛けられる中、大型連休が29日に始まった。県内は午前中の雨もあって、連休初日としては人出が少ない施設などもあり、コロナ禍で迎える2度目のゴールデンウイーク(GW)は静かにスタートした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加