家族に見守られながらハイハイし、ゴールした乳幼児=佐賀市新栄東の総合住宅展示場イエス

家族に見守られながらハイハイする乳幼児=佐賀市新栄東の総合住宅展示場イエス

ゴール直前の赤ちゃんに、声援を送り写真を撮る母親=佐賀市新栄東の総合住宅展示場イエス

レースに参加した赤ちゃんと、我が子をゴールに呼ぶ母親=佐賀市新栄東の総合住宅展示場イエス

 「赤ちゃんハイハイレース」が29日、佐賀市新栄東の総合住宅展示場e―yes(イエス)で開かれた。1歳2カ月までの乳幼児30人が両手足を動かすかわいらしい姿に、家族は目を細めながら声援を送った。

 イエスが、子育て世代に喜んでもらおうと企画した。3人ずつに分かれてスタート。親たちは、止まったままの子どもの名前を呼び、おもちゃで注意を引き、4メートル先のゴールへ導いた。午前の部第2レースで優勝した武雄市の田島凛花ちゃん(9カ月)の母、三記子さん(29)は「最近(親が視界から消えた時に追い掛ける)後追いがすごい。私の元へ一直線に来てくれた」と笑顔を見せた。

 大型連休のフェアを開催しており、親子で楽しむワークショップやマルシェ(5月1日)、イエス謎解きゲーム(2~5日)、ヤマメつかみ取り体験(4、5日)、かぶとや和服を着る「こどもの日撮影会」(4、5日)がある。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加