都道府県が危険箇所を調査し、地元の意見を聞いた上で法律に基づき指定する「土砂災害警戒区域」。佐賀県は危険箇所9534カ所に対し、指定済みは2751カ所(7月末現在)にとどまっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加