宅配には小型バイクに加えて、街中でのフットワークが軽い自転車や、大量の商品を運べる軽バンも用意しています

ひき肉やタマネギ、7種類のスパイスで作るカレーが評判の「タナカレー」(佐賀市大財1-3-16)。宅配での一番人気はボリューム満点の「カツカレー」(1050円、手数料・配送料別)

ToDoKeでも注文が多いという「炭火焼 さがんもん」(佐賀市光1-2-1)の「中おちカルビ丼」(750円、手数料・配送料別)。ジューシーなカルビとしょうゆベースのタレが相性抜群。炭火の香ばしい匂いが食欲をそそります

 待ちに待ったゴールデンウイーク。しかし、新型コロナウイルスの影響で行楽地への観光を控え、自宅で動画配信や読書などの趣味を楽しむ“巣ごもりGW”を選ぶ人も多いのではないでしょうか。そんな人にお薦めなのが、人気飲食店の味を自宅にいながら楽しめる宅配代行。便利なサービスを体験してみませんか?

 コロナ禍による巣ごもり需要の高まりにあわせて、県内でも2月から「出前館」、3月から「ウーバーイーツ」と、大手2社が佐賀市でのサービスを開始しました。

 大手参入に先駆けて昨年5月からサービスを展開しているのが、地元企業の「AHT(アート)」(佐賀市呉服元町)が手がける「ToDoKe(トドケ)」。和食や洋食、カレーやスイーツなど、多彩なジャンルの約30店(4月末時点)が加盟しています。

 注文は電話とネットの両方で可能。専用ウェブサイトでは、ジャンルや営業時間などで店舗を検索できます。店舗とメニューを決めて注文すると、ToDoKeが各店舗に注文内容を伝え、出来上がった料理を配達員が利用客のところまで届ける仕組みになっています。料金は商品代金に加えて10%の手数料が必要。支払いは現金のほか、キャッシュレス決済(PayPay)にも対応しています。自社スタッフによる配送が強みということで、追加料金が必要ですが遠方(3キロ以遠)への配達にも対応するなどきめ細やかなサービスがうれしいですね。

 地元企業に加えて大手も参入し、佐賀市内でも定着しはじめた宅配代行サービス。今後も加盟店や料金、配達エリアなどの選択肢が広がることで、“おうちグルメ”がさらに充実しそうです。(久保禎一)
 

ToDoKe

  • [受付]11時~14時半、16時半~23時半
  • [電話]090-2963-8132、0952-60-2350
  • [料金]商品代金+手数料10% ※1000円未満の場合は手数料400円。3kmを超える場合は距離に応じて配送料必要
このエントリーをはてなブックマークに追加