JR九州の青柳俊彦社長は28日、九州新幹線長崎ルート整備方式検討区間(新鳥栖―武雄温泉)について、与党プロジェクトチーム(PT)の沿線地域の議員から「通勤快速」など在来線の維持・充実を求める意見があることについて「新幹線と在来線の二つの路線を維持するだけの収入があればいいが、『JRが両方持て』というのは整備新幹線の発想からいくとおかしい話」と疑問を呈した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加