国営諫早湾干拓事業の開門問題を巡って福岡高裁が28日、国と漁業者の双方に話し合いによる解決を呼び掛けた。国に対して「これまで以上の尽力が不可欠」とさらなる努力を迫り、漁業者側は待ちわびた和解協議のテーブルへ「前進」と評価した。開門の無効化を訴えてきた国側は口が重くなった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加