九州と山口、沖縄の9県でつくる九州地方知事会は28日、新型コロナウイルスへの対応を協議する臨時のウェブ会議を開き、大型連休中の県境をまたぐ移動に関して「慎重に判断を」と呼び掛ける共同宣言を取りまとめた。宣言は各県の新型コロナ対策に生かす。

 会議は非公開。佐賀県政策チームによると、「九州・山口まん延防止宣言」と題した共同宣言では「変異株が猛威を振るい、コロナ封じ込めの正念場を迎えている」と強調した。その上で、各県の感染状況が悪化した場合は「まん延防止等重点措置」の適用を視野に入れるとした。

 移動については「『緊急事態措置』『まん延防止等重点措置』区域との移動は控えて」と求めた。会食は「少人数・短時間」「マスク会食」「大騒ぎしない」ことを促し、対策を呼び掛けている。感染防止策が不十分なカラオケ店の利用自粛を求めることも盛り込んだ。

 会議後、記者団の取材に応じた山口祥義知事は「県境を越えることを自粛することは共通した意見だった」と強調した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加