佐賀県伊万里市は新型コロナウイルスワクチンに関し、集団接種会場でキャンセルなどにより余りが出た場合に備え、「代替接種者」の予約枠を設ける。65歳以上で比較的接種を急いでいない人を対象に5月6日から受け付ける。

 市では5月15日から一般の高齢者の接種が始まり、医療機関での個別接種と市民センター、伊万里有田共立病院(西松浦郡有田町)での集団接種を併用して行う。余ったワクチンの廃棄を防ぐため、個別接種では入院患者や医療従事者に接種し、市民センターでの集団接種は市民から代わりの接種者を募ることにした。

 市民センターでの集団接種は15日から毎週土曜の午後に実施する。代替接種者の対象になるのは、65歳以上で5月中に接種を受ける予定がなく、当日に市から連絡を受けて午後4時~同4時半に会場に来ることができる人。5月は各日20人ずつ募り、6月以降も公募する予定。申し込みは市ワクチン接種対策室、電話0955(23)4122。

 一般高齢者の通常の予約は75歳以上が5月6日、65歳~74歳が5月12日からLINE(ライン)、インターネット、コールセンターなどで受け付ける。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加