ギャラリー展を開く山口英司さん=武雄市山内町

 武雄市山内町の工房侶英でギャラリー作品展が開かれている。工房を主宰する陶芸家山口英司さん(66)が手掛けた風景や植物を描いた磁器や陶器の食器、つぼなど約300点を展示・販売する。5月5日まで。

 山口さんはキャリア30年。新型コロナウイルスの影響で来場者が減少した昨年からはウェブサイト上などで佐賀県外の人ともつながり、注文に応じて皿やマグカップに絵付けを行っている。「感染対策を万全にしているので、今回は作品を見たり手に取ったりして楽しんでほしい」と話す。

 期間中は3千円で商品詰め放題のイベントも実施する。午前10時から午後4時まで。問い合わせは山口さん、電話080(2759)1462。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加