5月9日は「母の日」。佐賀県内の商業施設などでは特設コーナーが設置され、商戦が始まっている。コロナ禍の今年は「おうち時間」に注目し、定番の花に加え、花と菓子を組み合わせたギフトのほか、手作りケーキの材料セットなどを並べる。母の日当日の総菜を充実させる戦略を練る店舗もあり「巣ごもり」を見据えた商戦になりそうだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加