福岡高裁

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の効力について争う請求異議訴訟の差し戻し控訴審が28日、福岡高裁(岩木宰裁判長)で開かれた。弁論後の進行協議で高裁は「紛争の統一的、総合的かつ抜本的な解決には、話し合いによる解決のほかに方法はない」として、和解協議の場を設ける考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加