佐賀県の古川康知事は22日、県市長会(会長・横尾俊彦多久市長)が要望した原発事故時の30キロ圏外の住民避難について、「現在の県地域防災計画でも対応できる」との認識を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加