24日のリーグ戦でFC東京に2-1で競り勝ち、喜ぶ鳥栖イレブン=東京都の味の素スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はYBCルヴァン・カップ1次リーグA組第4節の28日午後7時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで首位鹿島アントラーズと対戦する。今節勝利を収められなければ、他会場の結果次第でプレーオフステージ進出の可能性が消滅するだけに、落とせない一戦となる。

 鳥栖は通算成績3敗で、4チーム中最下位。21日の第3節はホームで福岡に0-1で惜敗。直近のリーグ戦から全メンバーを入れ替え、新外国人のFWオフォエドゥ、FWドゥンガらを起用したが、試合終了間際にセットプレーから失点した。

 対する鹿島は3戦全勝で首位に立つ。リーグ公式戦は振るわず、14日にザーゴ監督を解任。相馬コーチが新監督に就任し、以降はリーグ公式戦を含め2勝1分けと負けなしが続いている。監督交代を機に巻き返しを図っており、状態は上向きだ。

 鳥栖はルヴァン杯でメンバーを入れ替えながら戦っているが、出場機会を得たFW陣にはゴール前での質が求められる。グループステージ突破のために勝ち点3は絶対条件。リーグ公式戦の上位争いに立ち向かうためにも、「新戦力」の台頭に期待したい。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加