組織として高い機能性が持ち味の鳥栖だったが、戦術よりもメンタルが色濃く反映された試合だった。FC東京の3トップのスピードが生きる展開を避けるために、キン・ミョンヒ監督は“自重”を選択。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加