個人作家の出品を支援している正司敬さん=有田町中の原の自宅

 オンライン販売の機会が少ない陶芸作家の「Web有田陶器市」への出店を、ネット系経営コンサルタントの正司敬さん(70)=有田町中の原=が支援している。

 長崎大大学院生でもある正司さんは、地域経済の活性化をテーマに研究。コロナ禍の中、制作で忙しかったり、ネットに不慣れだったりする個人作家の販売手段を広げようと取り組んだ。「アウトレットゆるり散歩堂」として、9人の作家の作品を集めたサイトをWeb陶器市で展開する。

 商品紹介や撮影、パソコンの使い方などネットでの出品に必要な準備方法を指南している。正司さんは「Web陶器市後にも継続して出品できるように支援できれば」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加