建築工事や造成工事などを手掛けるアクセル(小城市三日月町、安部健社長)が26日で事業を停止し、破産手続き開始の申し立て準備に入った。負債総額は約2億8600万円、債権者は約30人。

 2011年創業。13年7月期に売上高4億1912万円を計上したが、その後、収益確保に苦戦し、19、20年は2期連続の赤字を計上するなど業績不振が続いた。従業員約10人は解雇する見込み。(東京経済佐賀支店調べ)

このエントリーをはてなブックマークに追加