有田-松浦間を往復し、車窓からの景色やご当地グルメの弁当などを楽しめる列車ツアー=長崎県松浦市

松浦鉄道の列車「レトロン号」。ツアーではこの車両をチャーターする=有田駅

 JTB佐賀支店は、地元の関係機関と連携した着地型観光ツアー商品「~つなぐ列車~レトロン陶都ものがたり」を企画した。松浦鉄道のレトロ車両で有田町と長崎県松浦市を往復するツアーで、車内で有田のご当地グルメ「有田焼五膳」の弁当を味わえるほか、有田観光協会のガイドによる街中散策も楽しめる。焼き物以外の地域の魅力を発信し、有田町や伊万里市への観光誘客につなげる。5月16、23、30日の各日曜日に催行する。

 ツアーは、有田地区への観光客が有田陶器市の時期に集中し、焼き物以外の観光資源の認知度が十分ではない現状を踏まえて企画。松浦鉄道、有田観光協会、伊萬里百貨店などが協力し、景観やグルメ、歴史などを体感してもらう商品構成にした。

 普段は佐世保市を走っている松浦鉄道の車両「レトロン号」をチャーターし、有田-松浦(松浦市)間の35・6キロを往復。車窓から広がる新緑や伊万里湾の海岸線の風景を楽しみながら、ブランド鶏ありたどりを使った「有田焼五膳」弁当や伊万里産イチゴのデザートを堪能できる。ツアー出発前には、有田観光協会のガイドの案内で有田駅周辺を散策する。

 ツアー参加者はイヤホン越しにガイドの案内を聞くなど新型コロナ感染防止策も徹底する。

 ツアーは各日とも午前10時出発。弁当、デザート代込み1人8800円。1日先着20名。申し込みはJTB佐賀支店、電話0952(23)7180、FAX0952(23)1165。同店ホームページでツアー情報を確認できる。(鶴澤弘樹)

JTBツアー・「~つなぐ列車~レトロン陶都ものがたり」
このエントリーをはてなブックマークに追加