駅前の花壇を整備する参加者=鳥栖市のJR田代駅

 鳥栖市のJR田代駅前にある花壇をこのほど、近くのグループホーム「なの花」を運営するNPO法人ひかりのメンバーや施設利用者、地域住民ら15人が整備した。夏から秋にかけて駅前を彩ってもらおうとマリーゴールド150株を植えた。

 JR九州から約75平方メートルの用地を借り、2006年から花壇の整備を続けている。活動では土の入れ替えも行った。近くの住民にも声を掛け、協力を得ながら作業を進めた。長年活動に携わってきた住民は「身の回りの地域がきれいになって感謝している。これからも整備活動が続いてくれたら」と話していた。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加