佐賀県内の感染者数(2021年4月27日現在)

佐賀県内の感染者数(2021年4月27日佐賀県発表分)

 佐賀県は27日、10歳未満~90歳以上の男女15人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これまでの感染者のうち、新たに53人が変異株に感染した疑いがあることも明らかにし、累計で99人になった。

 県によると、18~24日の1週間に感染が確認された人のうち、77人に変異株かどうかを調べるスクリーニング検査を実施した。今回の53人を含む計64人が陽性で、変異株疑いの割合は83・1%になり、前週(11~17日)の51・2%を31・9ポイント上回った。

 変異株に感染した疑いがある53人のうち、2人が唐津市のスナック「ラブリン」で起きたクラスター(感染者集団)の関連で、7人が佐賀大学のサークルで発生したクラスターの関連だった。累計はラブリン関連が12人、サークル関連は10人になった。

 27日午後6時現在の県内の専用病床の使用率は29・5%で、前日を2・2ポイント上回った。県内での感染確認は延べ1550人。

 県は「全国と同様、県内で検出されるウイルスの大部分が変異株になっている」と説明し、マスク着用など感染症対策の徹底を呼び掛けた。(円田浩二)

【関連記事】

<新型コロナ>福岡で277人感染 27日

<新型コロナ>長崎で43人感染 27日

<新型コロナ>政治資金パーティー、延期続々 佐賀県知事、県関係国会議員の政治団体 コロナ下で苦慮

このエントリーをはてなブックマークに追加