暮らしを下支えする県民環境部のトップに就いた。「守備範囲が広く、どの分野もおろそかにはできない。ピンチはチャンスで、チャンスはピンチ。いいことが続く時こそ緊張感を持ちたい」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加