「カチカチ農楽が~る」の商品が並んだ販売会=佐賀市の佐賀県庁

 佐賀県内の女性農業者でつくる「カチカチ農楽(のら)が~る」による販売会が21日までの2日間、佐賀県庁の「SAGA CHIKA(サガチカ)」で開かれた。庁内外から多くの人が訪れ、農産物や加工品を買い求めた。

 農楽が~るは2016年に結成し、現在は20~60代の18人がいる。新型コロナウイルスの影響で飲食店やデパートなどからの注文が減る中、対面販売の機会をつくろうと企画した。

 感染対策を施した会場には野菜や果物をはじめドレッシングやジャムといった加工品が並んだ。コメと鶏めしの具、レンコンパウダーのセットなど各生産者の得意分野を生かしたコラボ商品もあった。来場者は思い思いに商品を手にし、メンバーとの会話も楽しんでいた。

 会長の市丸初美さん(61)=伊万里市=は「お客さんから直接感想を聞くことができて励みになった。今後もこうした取り組みを続けていきたい」と話した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加