草刈りなどを行う西鉄車体技術の社員=基山町キャンプ場

 バス車両などの改造や修理を行う基山町の「西鉄車体技術」の社員が22、23の両日、ボランティアで基山町キャンプ場の清掃活動を行った。利用者に気持ちよくキャンプをしてもらう思いを込め、草刈りや落ち葉拾いなどに汗を流した。

 新型コロナウイルスの影響で受注が減ったことを受け、仕事に充てていた時間を活用して地域貢献しようと初めて実施した。町に相談したところ、キャンプ場の清掃の協力要請があった。

 22日は社員27人が参加し、草刈りや植木の枝切り、水路に詰まった落ち葉の除去などを行った。7280平方メートルのキャンプ場の隅々まで清掃し、子ども用プールもきれいにした。町の担当者は「職員だけでは手が回らないところまできれいにしてもらって本当にありがたい」と感謝した。社員からは「地域の皆さんに気持ちよく使ってもらえれば」との声が上がった。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加