3月の佐賀県内は、新型コロナウイルスが小康状態となり、新生活需要も相まって個人消費に持ち直しの動きが見られた。一方で政府の観光支援事業「Go To トラベル」の停止が長引く中、宿泊施設の稼働率は低調で、花見の自粛で弁当などの消費が低迷するなど、業種によって明暗が分かれる形となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加