昨年度に佐賀県庁で開催された「笑顔deさいこうマルシェ」。多彩な商品が並んだ=昨年9月、佐賀市城内

 障害福祉サービス事業所による販売会「笑顔de(デ)さいこうマルシェ」が28日、佐賀県庁県民ホールで開かれる。午前11時半から午後1時までで、県内の14事業所が参加して弁当やパン、菓子など多彩な商品を販売する。

 雑貨類はバッグやキーホルダー、ミニこいのぼりといった商品があり、菓子類はクッキーやケーキなどを用意する。さまざまな種類の弁当も販売され、野菜や果物なども並ぶ。

 販売会は障害に対する理解を促すとともに障害のある人が地域で自立した生活を送ることができるのを目指して各地で開催している。県障害福祉課就労支援室などが主催し、本年度は県施設や県警本部で開催するほか、各イベントなどに合わせて随時実施する。(山本礼史)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加