三養基郡みやき町の岡毅町長が初登庁した際に町長派と前町長派の住民がもみ合いになり、前町長派の男性1人が倒されて頭などを負傷したことを巡り、倒された男性が26日、鳥栖署に被害届を提出した。

 男性は、岡町長が初登庁した12日午前8時20分すぎ、町長就任に反対するプラカードを掲げて抗議。止めに入った町長派の住民ともみ合いになり、倒されて頭を打った。男性は救急車で運ばれ、町内の病院に入院した。倒した住民は議長経験もある町議だった。

 男性は「1カ月程度の通院が必要との診断書をもらった」と説明し、「このような議員の暴力行為は許せない」と強調した。倒した町議は「(岡町長の)支持者の列から離れてほしくて押してしまった。危害を加えようとは考えてなかった」と話している。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加