唐津神社春季例大祭=唐津神社前(2018年04月29日)

 唐津市の唐津神社は26日、春季例大祭で曳山(やま)14台がそろう29日の「社頭勢揃(しゃとうせいぞろい)」を中止にすると発表した。市内で新型コロナウイルスの感染が広がる状況を受けて判断した。雨天やコロナの影響により、中止は3年連続になる。

 神社の宮司らと総代三役がそろった25日の「臨時総代三役会議」で決定した。曳山の周りに三角コーンを立てるなど新型コロナ予防策を取って行う方針を15日に示していたが、新型コロナの感染拡大を受けて一転して中止とした。神事は通常通り行い、囃子はやしの奉納もある。

 唐津神社は「人が集まるのは避けられず、日々感染者が出ている。新型コロナの疫病の収束や地域の発展を願い、神事を行いたい」と話した。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加