「剣道ができる喜びと家族への感謝を忘れず、汗と涙を流した仲間と大旗を目指して、最後まで諦めず競技することを誓います」。前回の覇者、臥龍徳心館(鹿島市)の竹本隆真主将が力強く宣誓した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加