■「全国一」の貫禄 「全国一」の力を見せつけた。如水館Aが如水館Bとの同門対決を制し、3年ぶりの頂点。小畦翔監督は「誰かが負けても、ほかの選手がカバーできていた」と教え子たちをたたえた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加