1回戦・具志川商業-東明館 8回裏東明館2死無塁、右前打を放つ2番久保諒太=大分県の臼杵市民球場

1回戦・具志川商業-東明館 力投した東明館の主戦・今村珀孔=大分県の臼杵市民球場

 粘る2年生エースを打線が援護できなかった。東明館は具志川商の先発・新川俊介と2番手田崎陽誠のリレーの前に、わずか3安打。豊福弘太監督は「地力の差。(3安打は)完敗です」と振り返った。

 先発した今村珀孔は時折、ボール先行の投球になりながらも、切れのある変化球を織り交ぜ、序盤の3回を無失点に抑えた。しかし、四回に甘く入った直球を狙われて先制を許すと、七回には低めのスライダーを捉えられ、2点目を失った。

 今村の踏ん張りにこたえたい東明館打線だったが、力のある直球を主体にテンポよく投げ込んでくる新川に対し、凡打の山しか築けなかった。県大会で好調だった、リードオフマンの加藤晴空や、主砲・出田龍太朗が無安打と苦しめられ、六回までわずか1安打に沈んだ。

 七回。ようやく好機をつかんだ。3番井上陽向の右前打を皮切りに、四死球などで2死満塁と初めて三塁に走者を進めた。1打同点。続く打者は空振り三振に仕留められた。この試合、先頭打者が出塁したのも、二塁を踏めたのもこの回のみだった。

 加藤主将は「打てないところが力不足として浮き彫りになった」と課題を示し、「夏まで時間がない。反省しても引きずらず、まずNHK杯に向けて気持ちから作り直したい」。少ないチャンスをいかにものにできるか。その差が出た。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加