1回戦・具志川商業-東明館 8回裏東明館2死無塁、右前打を放つ2番久保諒太=大分県の臼杵市民球場

1回戦・具志川商業-東明館 力投した東明館の主戦・今村珀孔=大分県の臼杵市民球場

 【評】東明館は打線が振るわず、具志川商の主戦・新川と2番手の田崎に3安打に抑え込まれ、完封負けを喫した。

 東明館は序盤から新川の力のある直球に苦しみ、六回まで得点圏に一度も進めなかった。七回、先頭打者の3番井上が右前打で出塁し、四死球などで2死満塁としたが、後続を断ち切られた。終盤も田崎のサイドからのボールに苦しみ、わずか1安打に抑えられた。

 先発今村は持ち味の制球力を生かし、七回まで我慢の投球を続けたが、8安打2失点と具志川商打線の粘りに屈した。

このエントリーをはてなブックマークに追加