1回戦・具志川商業-東明館 力投した東明館の主戦・今村珀孔=大分県の臼杵市民球場

 第148回九州地区高校野球大会は24日、大分県の臼杵市民球場などで開幕した。初日は1回戦3試合と2回戦3試合があり、佐賀県代表の東明館は初戦の2回戦で具志川商(沖縄)に0―3で敗れ、準々決勝進出はならなかった。今春の選抜大会準優勝の明豊(大分)、具志川商と興南(沖縄)が8強入りした。

 明豊は日南学園(宮崎)を12―1の六回コールドゲームで下し、興南は昨秋王者の大崎(長崎)を8―2で破った。

 1回戦はいずれも大分県勢が勝ち、藤蔭が東福岡に8―5、柳ケ浦が真颯館(福岡)に2―0、津久見は鹿屋中央(鹿児島)に4―1で勝った。

 第2日は25日、同球場などで2回戦の残り5試合が行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加