鳥栖-FC東京 後半、相手CKに対応する鳥栖GK朴一圭=東京都の味の素スタジアム

鳥栖-FC東京 前半18分、ヘディングで先制点を奪う鳥栖FW酒井宣福(右から2人目)=東京都の味の素スタジアム(撮影・山口源貴)

鳥栖-FC東京 前半34分、ミドルシュートで追加点を挙げる鳥栖MF樋口雄太(奥)=東京都の味の素スタジアム(撮影・山口源貴)

 【評】鳥栖が前半の少ない好機をものにして2ゴールを奪った。後半はFC東京の猛攻を受けたが、11人が最後まで集中力を切らさず、相手の追撃をかわした。

 鳥栖は立ち上がりから押され気味の展開。FW陣までボールが収まらず、猛攻を受ける場面が目立ったが18分、MF樋口からパスを受けたFW酒井が冷静に頭で押し込み先制。リズムをつかむと攻勢に転じ、34分には樋口が右足でミドルシュートを放ち、貴重な追加点を挙げた。

 後半は序盤からペースを奪われ、8分、CKからMF森重に頭で決められた。11分には、ペナルティーエリアでGKとの1対1のピンチを招くなど、終了間際まで波状攻撃を受けたが、朴一圭(パク・イルギュ)の好セーブやMF松岡らの献身的な守備で逃げ切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加