県立図書館や美術館・博物館のあり方について有識者が考える懇話会(座長・三輪嘉六九州国博物館長、9人)が28日、佐賀市のグランデはがくれであり、昨年度から協議していた「まなびの場のビジョン」をまとめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加