杵島郡江北町はフリースクールなどで学ぶ小中学生に入学や通所・通信費用を助成する制度を新設した。何らかの理由で学校に行けない子が学びの場を確保できるように、費用の面でも支える。町によると、佐賀県内の自治体では初めての取り組み。

 民間のフリースクールや同様の通信教育で学ぶ児童生徒を費用面で支え、新たな学習の場を考える際も費用でためらうことを軽減できるよう制度を設けた。県内の教育支援センターへの通学者も対象にしている。

 民間の学校や通信教育で学ぶ子には入学準備金2万円を支給し、通所・通信費として月4万円を上限に助成する。県の支援センターに通う子は交通費として月2万円を上限に助成する。保護者の所得制限はない。本年度当初予算で事業費148万円を予算化した。

 町は「教育機会確保法に沿い、子どもの学ぶ機会を均等に確保したい。費用助成によって支えることができれば」と話す。フリースクールからの問い合わせも来ているという。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加