▽長崎商

 粘り強い野球で4季ぶり8度目の出場を決めた。エースの田村は制球が良く、緩急をつかって打たせて取るピッチングが持ち味だ。速球にキレがあり、マウンド度胸のいい城戸も控える。打線は大坪、横田、大町の上位打線に安定感があり、主将青山は長打力がある。守備でのミスを減らすことができれば、上位進出が近づく。

▽大崎

 投打でバランスがとれている。エースで右腕の坂本は直球にキレのある変化球を織り交ぜ、テンポのいい投球で試合を運ぶ。攻撃では調を軸に、田栗らパワーがある打者が顔をそろえ、乙内は勝負強さが光る。選抜大会は福岡大大濠に1―2で1回戦負けとなったが、春夏通じて初出場となった甲子園大会での経験を糧にしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加