先日、突然に「Windows-Defender-セキュリティー警告」が表示されました。「お使いのコンピュータは、それがトロイの木馬のスパイウェアに感染していること以下のデータが侵害されました」とあり、「Windowsサポートに連絡する」として電話番号が案内されています。

 もちろん、連絡してはいけません。これはマイクロソフトを装ったニセ警告です。慌てて電話すると、サポートと言いつつ悪質なソフトのインストールをさせられるかもしれません。また、こちらの電話番号を勝手に利用される可能性もあります。何もせずに閉じます。

 「このまま閉じると、パソコンを無効にしてサイバーセキュリティにレポートします」とさらに脅し文句を言ってきますが、無視してください。ブラウザ自体を閉じます。もし、閉じるボタンが見当たらない場合は、Escキーを押して全画面を解除します。次回、ブラウザを起動した際に「前回の状態を復元しますか?」と出たら「いいえ」を選択します。

 念のためにウイルス対策ソフトでスキャンして何もなければ安心です。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加