気候変動に関するオンライン首脳会合で、あいさつするバイデン米大統領=22日

 気候変動に関するオンライン首脳会合で発言する中国の習近平国家主席=22日

 【ワシントン共同】バイデン米大統領主催の気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)が22日、2日間の日程で開幕した。最大のテーマは各国が掲げる温室効果ガス排出削減目標の引き上げ。米国は、2030年に05年比で50~52%減とする意欲的な新目標を発表。バイデン氏は各国にも行動を求め、中国の習近平国家主席は「米国を含む国際社会と共に地球環境の管理推進に努力したい」と表明した。

 バイデン氏は冒頭の演説で、気候変動を「われわれの生存に関わる危機だ」と強調し「どの国も一国では解決できない。経済大国は取り組みを強化しなければならない」と訴えた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加