一般会計当初予算は275億5614万円で、前年度に続いて過去最大額を更新した。大型工事が本格化し、土木費が前年度から3割超増加したのが主な要因。新型コロナウイルス対応をはじめ、市民の安心安全を守る施策を念頭に予算を組んだ。プロスポーツチームがある市ならではの取り組みとして、チームと住民の交流機会の拡大を図る。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加