写真家 中尾勘悟(鹿島市) おそらく縄文時代にも行われていたのではないかと想像できるシンプルな漁法です。直径5~10センチぐらいの竹を長さ1メートルほどに切って節を抜き、それを川底に沈めます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加