日本女子プロゴルフ協会(LPGA)ステップアップツアーの今季第11戦「九州みらい建設グループレディース窓乃梅カップ」(佐賀新聞社など後援)は22日、武雄市の武雄ゴルフ倶楽部(6340ヤード、パー72)で開幕した。

 7度目となる今大会は3日間で行われ、プロ、アマ合わせて117人が出場。初日の第1ラウンドは、川満陽香理、馮思敏(フォン・スーミン=中国)の2人が5アンダーの67で首位に立った。

 鳥栖市出身の権藤可恋は3バーディー2ボギーの71で回り、1アンダーで8位タイについた。23日は第2ラウンドがある。(西浦福紗)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加