滑走路上に墜落、転覆して破損した超軽量飛行機=2020年6月9日、杵島郡白石町

 佐賀県杵島郡白石町新拓の北有明場外離着陸場で2020年6月、福岡県那珂川市の男性=当時(66)=が操縦する1人乗り超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)が墜落して男性が死亡した事故について、国土交通省運輸安全委員会は22日、事故調査結果をまとめた報告書を公表した。

 報告書では、墜落原因について「機体の組み立て、整備が適切に実施されていなかったことが関与したと推定される」などとした。

 事故は20年6月9日午後3時20分ごろ発生。男性の操縦する超軽量飛行機が離陸直後に左翼の付け根部分が破損して落下し、男性は出血性ショックで死亡した。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加