臨時佐賀県議会は最終日の22日、議長選挙を実施し、新議長に自民党会派の藤木卓一郎氏(53)=当選6回、小城市=を選出した。藤木氏は議場で「二元代表制の一翼を担う議会を活性化し、いい議会にしたい」と抱負を述べた。

 議長選では有効投票36票のうち、藤木氏が27票を獲得した。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加