4月、保育園や幼稚園に初めてお子さんを預けられる時、お子さんが涙されるととても辛いでしょう。しかし、それはお子さんに今までたくさんの愛情を注がれた証拠です。お子さんの安全基地がお母さんであること、お子さんがお母さんをたくさん愛している証です。そんな愛情をたくさん受け取ったお子さんは「なぜ、お母さんと離れなきゃいけないんだ!」と抵抗して、悲しくて、寂しくて涙があふれてきます。それも、至極自然なことです。

 「入園して毎日泣き続けて、今後どうなるんだろう」と不安になっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、4月いっぱい、5月の連休後を乗り越えると多くのお子さんが園に慣れて、園生活を楽しむようになっていきますので、ご安心ください。6月頃にもなれば、4月に泣き続けた期間がうそのように、園や保育者に慣れてきます。そして「お母さん、お父さんは夕方になると必ずお迎えに来てくれるんだ」と毎日のルーティンを理解するにつれ、どんどん安心してきます。

 「少し頑張れば、お母さん、お父さんはお迎えに来てくれるし、せっかくだから楽しむか!」と自分からバイバイができるようになり、自分の好きな遊びに熱中するようになっていきます。

 お仕事中、預けることに罪悪感を持つお母さん方もいらっしゃいますが、お子さんは園でたくさんのことを学んでいます。遊びの中で、同世代や年下、年上の子と関わり合いながら、たくさんのことを学び合っていきます。家の中での1人やお母さんと1対1では決して学ぶことのできない体験をして成長していきます。

 小学生、中学生ともなれば、親からどんどん離れていきます。お子さんが涙を流すこの時期を味わうように過ごしてみてください。「家庭でたくさんの愛情を与えることができたんだ」と自分自身に花丸をあげる機会にしてみてください。そのうち、保育園から「帰らない!」と言い出して親を困らせるようになりますよ(笑)。その時を楽しみに、ゆったりと気長に待ってあげてください。

 もし不安なことがあれば、「こんなこと聞いたら恥ずかしいかな」「変に思われるかな」なんて思わず、園の先生方を信じ、担任や主任の先生、園長先生に小さなことでも相談してみてくださいね。(パパ記者・吉村直記=おへそグループ統括園長)

このエントリーをはてなブックマークに追加