衆院議員の任期満了まで21日で半年に迫った。公職選挙法は任期の残り半年間、事前運動にならないように立候補予定者の選挙区内での個人ポスターの掲示を禁じている。このため、佐賀県関係の5議員は別の政治家と並ぶ「2連ポスター」などに張り替えている。5人のうち「相棒」に党首を選んだのは1人で、女性議員を採用したのは3人。次期参院選を意識したケースもあり、さまざまなイメージ戦略が透けてくる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加