無敗の名古屋を破った公式戦からスタメン11人全員を入れ替えて臨んだ鳥栖。合流直後のアフリカ出身FW2選手のデビュー戦ともなったが、ゴールは遠かった。負けられないホームでの九州ダービー。金明輝(キン・ミョンヒ)監督は「セットプレーの失点だけは防ぎたかった」と悔しさをにじませた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加