教科書で習ったとき、一つだけ浮いた存在だった。人中心の歴史の中に突如として生き物の話が出てくる。江戸時代、5代将軍徳川綱吉が犬や小さな虫などの殺生や虐待を禁じた「生類憐(あわれ)みの令」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加