日本陸連は21日、東京・国立競技場で5月9日に開催される東京五輪のテスト大会の出場選手を一部発表し、男子100メートルには前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)のほか、小池祐貴、多田修平(ともに住友電工)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が名を連ねた。女子5000メートルには1万メートルで東京五輪代表に決まっている新谷仁美(積水化学)らが参加する。

 テスト大会の夕方以降のセッションは世界陸連の「コンチネンタルツアー」の最高位「ゴールド」の大会を兼ね、男子は100メートルや200メートルなど11種目、女子は1500メートル、5000メートルなど6種目が行われる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加