75歳以上の自宅に接種券が届き始め、問い合わせが急増した佐賀市接種手続きコールセンター=佐賀市内

21日に開設された新型コロナワクチン接種の相談コーナー=佐賀市役所1階

 佐賀市は21日、新型コロナウイルスワクチン接種の手続きの質問を受けるコールセンターへの相談が、この日だけで157件に上り、これまで最も多かった日の3倍以上に急増したと明らかにした。75歳以上を対象に発送したワクチン接種券が同日に届き始めたことから急増したとみられる。市役所1階に相談コーナーも同日開設した。

 市新型コロナウイルスワクチン接種対策室によると、これまでの相談件数は3月が85件、4月は20日時点で282件だった。

 コールセンターは、15人が高齢者と同じ書類を手元に置いて質問に答えた。具体的な医療機関に関する問い合わせや、「自分が利用している医療機関で接種できるのか」などの質問があったという。

 相談コーナーには初日は7人が訪れたという。コールセンター業務に携わる相談員2人が二つの窓口に常駐し、接種時期、手続きの仕方などを説明した。開設時間は平日の午前9時~午後5時。

 75歳以上の予約受け付けは5月17日からで、接種開始は同24日から。実施する116の医療機関は市のホームページで公表されている。コールセンターは電話0952(27)8755。(大田浩司、川﨑久美子)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加