鳥栖-名古屋 前半45分、鳥栖FW酒井宣福(手前)がゴールを決め、ベンチ前で喜ぶ控え選手たち=愛知県の豊田スタジアム

 サッカー取材でカメラマンに最も求められる仕事はゴールシーンを撮ること。シュートを放つ瞬間はもちろん、得点後に歓喜する姿が紙面を飾ることは多い。その時を逃すまいとファインダーに集中している。

 18日のアウェー名古屋戦ではFWで先発出場した鳥栖の酒井宣福が大活躍。開始早々に先制点をアシストし、名古屋が更新中だったJリーグの連続無失点記録を止めると、自らも追加点を挙げ、勝利の立役者となった。

 酒井がこぼれ球を振り抜いた一撃は、相手DFに遮られてほとんど見えなかったものの、ピントを合わせた手応えはあった。確認する間もなく歓喜のシーンは続き、主役が大きくガッツポーズ。写真は後ろ姿になったが、視線の先には控え選手たちの笑顔があふれていた。(撮影・米倉義房)

このエントリーをはてなブックマークに追加