「春の新生活のうつわ展~おうちでワンプレート」で、展示された作品=武雄市図書館

 佐賀県の武雄市商工会窯業部会は、展示会「春の新生活のうつわ展~おうちでワンプレート」を武雄市図書館イベントスペースで開催している。5月9日まで。

 同部会は5年前から春と秋にテーマを決めて展示会を開いている。今回は新社会人や生活様式の変化により自宅で食事をする機会が増えた人向けに、料理を盛りやすい「ワンプレート」の器を展示した。武雄市内の八つの窯元が参加し、土味をいかした陶器と色鮮やかな磁器を楽しむことができる。

 実際の盛り付け例が分かるように食品サンプルを用いるなど展示方法も工夫している。東馬窯の馬場宏彰さんは「環境が変わり忙しくしている人に、レンジで温めてすぐに皿に盛り付ける場面を想像しながら作品を制作した」と企画の狙いを説明する。

 開催時間は午前9時から午後9時。希望者に販売も行う。問い合わせは武雄市商工会山内事務所、電話0954(45)2505。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加